忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IDOL BOMB!!

神のみカテゴリ、本気で考えなきゃならんなあ・・・

アニメ版「神のみぞ知るセカイ」FLAG5.0の感想ですよ。
これまで放映された話に関しては、携帯ブログの方でちらっと触れたりしてます。
そのうち本格的に書き起こすかも・・・。
まあ、とりあえず「IDOL BOMB!!」のおはなしから。

冒頭の、「なるりん制圧!いっくよー!!」と高らかに宣言する中川かのんちゃん。
これが恐らく、かのん編ラストへと繋がるのでしょう。
となると、原作の締めくくりを飾った、かのんちゃんの神々しいまでの歌唱シーンとは
だいぶ印象が異なります。
原作は、アイドルからスターへと飛躍した姿を描写していました。
アニメ版のかのん編最終話タイトルも「Shining Star」ではあるものの、
こちらではあくまでも「正統派アイドル」として輝くかのんを魅せるつくりになる・・・のかな。
まぁ、でも。
原作を読む限り、「アイドル=他者の声援を受けてきらめく存在」「スター=自ら光り輝く存在」
といった定義があるようなので(確かにアイドルの本来の意味は偶像ですからね)
本質的な部分ではアニメも同じ結末に行き着くのでしょう。

このアニメはとにもかくにもエルシィが可愛いんですけど。
かのんちゃんー!!とはしゃぐえるちーの無邪気っぷり。リボンっぷり。ミーハーっぷり。
漫画の「うー」「あーっ」と幼児的嬌声を挙げるマスコットエルシィも可愛いですが、
アニメではややリアクションが大人しめ。ミニキャラ化もあんまりされない。・・・原作がしすぎなのか。
桂馬のゲーム理論展開は力が入っていて面白かった。
予想以上に原作に忠実な再現っぷり。桂馬がギャグ顔になる場面もアニメと原作とで異なりますね。

アイドルは劣化する。
これはね、しょうがないんですよ。
榊原郁恵ちゃんもさ、アイドル時代は好きだったけど、今はちょっと苦手。
なんというか、ものすごく失礼な言い方ですがおばさん根性丸出しっていうか、品がない。
だけど劣化があるからこそ、かつての彼女たちが理想化され、美化され、愛されるのではなかろうか。
アイドルって一瞬のきらめきだよ。そこが女優さんとは違うところ。
そう考えると、全盛期にきっぱりとマイクを置き、その後も芸能界に姿を見せない
百恵ちゃんなんてすごいよなあ。あれで彼女は「伝説」と「永遠」を手に入れたのだと思う。
そんな美しい引き際とはうって変わって、哀しいかな存在する劣化アイドル。
聞きたくもない暴露話・・・おにゃんこくらぶおもいだしたよ・・・
モー娘。も結構赤裸々ですよね。元メンバーの発言聞いてると「うわあー」ってなる。
見た目の変化は仕方ないにしろ、中身はどうにかならないものか。
だけど輝いている瞬間の彼女たちは本当にすてき。

ということで、わたしは永久不滅の二次元アイドルもいいけども
三次元アイドルも捨てたもんじゃない、と思うのです。それぞれ別の魅力がある。

にしても、エルシィと麻里さんとの絡みが多いのは嬉しいなあ。
かのんちゃんの真似っこをするエルシィが、今回の一押しポイントです。
「い、いぇーい」とかね!恥ずかしながらもアイドルポーズをとるところに「ぐはあっ」ときた。
本当に300歳越えてるのかえるちー。
今後もちょいちょいエル麻里ホームドラマが挿入されそうですね。
桂馬ママ好きなので嬉しい。・・・麻里さんのキャラソン出たら買うのに。

さてはて、ところ変わって舞島学園。
アニメ版のちひろは擬態モブ娘とは思えぬ可愛さですが、いいのか?
さり気なく登場したマッピー(若木先生の前作品キャラ)もかわいい。
かのんちゃんが同じ学校だと知って驚くエルシィもカワイイ。
アップ絵は気合い入ってるなー。

桂馬は屋上でギャルゲ中。
画面内のヒロインが「ここ、秘密の場所なの!」とメタ的に状況説明。
アニメのPFP演出、一話のときも思ったけど面白い使い方しますね。
まあ、原作未読の方にはわかりにくいかもですが。
そしてついに今回のヒロイン、中川かのんちゃん登場。
新人声優、東山奈央さんが演じてらっしゃいます。
最初はちょっと違和感ありましたが、幾度も視聴していたら「ああ、かのんちゃんだ」と感じるように。
新人さんとは思えない演技力。
原作よりも自己肯定に必死というか、若干ナルシスト入ってましたね。
桂馬に話しかける前の、髪を直す仕草とか。
それだけ自分の存在確認をファンに頼っているのでしょう。

アイドル笑顔全開で話しかけたかのんを、
「誰だ、お前。」
で一刀両断する桂馬。この言い方はうまかったなあー。
他の場面でも感じるけど、下野さんの演技は桂馬をよく理解していると思う。

そして固まるかのん。

・・・で、スタンガン攻撃。

ここもっと衝撃的に!!大袈裟なくらいにやってくれてよかったのに!!!
スタンガンの音がちょっとしょぼい・・・。(でも実際ああいう音らしいですね)
演出の切り替えが弱いかなあ・・・。
スタンガンがねこ型なのに笑った。完全にかのんちゃん仕様。

そしてエルシィが登場、ファンの存在(=自身の存在)を確認して気力を取り戻すかのん。
PFPに描かれたサインが可愛いなあ。東山さんデザインらしいです。
ところが自分を知らない桂馬がクラスメイトだったことを耳にし、再び病み状態に。
「わたしなんてゴミよ!ゴミ!!」「フアンニサセナイデ・・・」が
かつてないヒロイン作画で良かった。東山さんも頑張ってるなあ
スタンガンを「ふぅおおおおお!」っと掲げるところは迫力が足りなかった気もしますが。
あと「みんな知ってるのに~」あたりも微妙に違和感。
わたしだけかもしれませんが・・・。

CM挟んで後半へ。
神のみにちまちま登場する二枚舌ベアを抱え、ベッドに寝ころぶかのんちゃん。
マンションの明かりがかのんちゃんの部屋しか点いていないことや、
部屋に段ボールが置いてあったりするところで
「時刻が深夜であること」「かのんちゃんは引っ越ししたばかり」「おそらく一人暮らし」
ってな部分を描写しているんですね。こういう情報の出し方は勉強になる。
おもむろにベアを放り投げるかのんちゃん、シーンは切り替わり・・・

こっから怒濤のキャラソンタイムです。

まず『LOVE KANON』。
ロック調のメロディに乗せて、かのんが「アイドルの自分」について歌います。
そして映像もかのんちゃん祭。
個人的に好きなのはメイク姿の彼女です。
ナースやポリスはあざとすぎてあんまり。可愛いけどさ。
決めのフレーズは「LOVE KANONでBang!Bang!!」。ずきゅーん。
キャノン砲とかけているとは・・・やるな・・・zoppさん・・・。
他にも「リボン革命」とか「わたしを見てね」とか、かのんっぽさが鏤められています。
そして今の季節が冬だということに驚いた。・・・いいのか?
あ!それと、美生編で桂馬がプレイしていたギャルゲのツンデレ少女、
かのんちゃんがアフレコで声あててましたね。あれ東山さんだったのね・・・!

一曲目が終わったところで、続いて『ALL 4 YOU』。
これは桂馬を「倒す」つまりは「自分の虜にしよう」ってな目論見で披露されます。
桂馬のためだけに歌うかのん。それに疑問を抱く桂馬。疑問を放棄して生唄に喜ぶエルシィ。
・・・原作でも思ったけど、このステージセットどこから持ってきたの?
この『ALL 4 YOU』、原作にも出てきましたが、実際の曲はちょっと違った印象。
原作では元気いっぱいに歌っていたかのんちゃんですが、
アニメはまさに80年代アイドルポップス!といったところ。きらっと爽やか。
松田聖子さんを想起させるような・・・
そこまでドカンとした盛り上がりはないんだけど、耳馴染みの良い曲です。
このへんのライブシーンはめちゃめちゃ動いてたなー
かくかく素早く動いてます。この唄にそんな激しい振り付けはありなのか・・・
 
だけど桂馬はガン無視。
かのん自我崩壊。レッツスタンガン。
迫り来るかのんの姿がカオナシチックで笑いました。
あわや危機一髪!なところでかのんの携帯に呼び出しが入り、彼女はヘリで退場。
原作では自分の腕が透明になっていることに気付いて攻撃をやめたんですよね。
この改編、いいとは思うけど・・・ヘリはちょっとやりすぎジャナイカ?
桂馬の「どこが秘密なんだ・・・?」に激しく同意。
しかし今回、気合いの入っているところでそうでない部分の差がわかりやすい・・・。
PFPにほおずりする桂馬がサルにしか見えなかったよ!
そして「毒フラグ」シーンのくま桂馬。原作での愛くるしさはいずこ・・・
ギャグ顔の崩れが目立つ。
そのぶん、かのんに力を入れているのでしょうが。

で!翌日。
今度はシングル発売もされる『ハッピークレセント』を披露。
「鈍感すぎなロミオさん♪」のフレーズは秀逸。
zoppさんって、ちょっと古風な、恥ずかしい言葉をさらっと書きますよね。そこが好き。
この歌も中毒性高いー!キャラソン買いますお。
片想いソングみたいですね。桂馬への想いだとすると、なんかいいな。
「もうわたしは透明じゃない!わたしはアイドルなんだ!」
そこで挿入される、過去のワンシーン。3人組アイドル時代のかのん。
ここは原作では紙幅の都合で描かれなかった部分ですね。アニメでどう見せるのか。
自己確認とともに満面の笑みで歌いきったかのんが見たのは、

(あえて)爆睡する桂馬。

原作だと罪悪感に胃がキリキリしていた桂馬さんですが、アニメはより冷静・・・?
赤面描写とか、ちょっと控えめな気がします。
とにかく、そんな桂馬を前にしたかのんはその場にへたりこんでしまいます。



pp

ppp

音楽記号を使った演出。アニメオリジナルですね、おもしろい。
「わたしなんてだめだ・・・だめなんだ・・・」というかのんの呟きが胸に迫ります。
どんどん稀薄になっていく自分という存在。

そして、かのんちゃん 消失。

ステージから消え去ったかのんちゃん、一体どこへ!?

という引きで終わり。
キャラソン回だと揶揄されていましたが、それも仕方ないよなあ。
かのん編は3話も割くそうなので、今後のテンポで巻き返せるかどうか。
倉田脚本、キャラをよく掴んでいて好きなので期待しております。
かのんちゃんの異常なプッシュぶりにはちょっと食傷気味なものの、
なかなか楽しめました。みんなかわいいよ!

かのん編ラストのEDは「ハッピークレセント」らしいので、
ライブシーンからそのまま移行するみたいですね。
愛知県民のわたしがそれを確認できるのは、まだまだ先ですけど・・・。

松田Pも泣いたという感動のエンディングにどう繋がっていくのか、
かのん編、最後まで見守りたいと思います。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[09/10 みわちゃん、ですよ~]
[10/14 ねぎこ]
[10/05 祐親]
[07/22 はなちゃん(ショタコン)]
[06/04 アリス]

プロフィール

HN:
ねぎこ
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1989/10/06
職業:
心機一転女子大生
趣味:
妄想、映画鑑賞、読書、同人的活動(最早 本能行動
自己紹介:
だいたいの公式カップリングにときめく人です。
理想の美少女は堀北真希さん。

長年行きたかった念願の大学に籍を移し、
この春から羽ばたく…!!ことができるのか?な?

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析