忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

るーみっく

近所のレンタルビデオ屋でDVDとCDをごっそり借りてきた。

『おろち』『世にも不幸な物語』『雲のむこう、約束の場所』
『ヘアスプレー』『人魚の傷』『パンズ・ラビリンス』

『パンズ・ラビリンス』以外は見終えました。
どれもなかなか面白かったです。映像美にやられた。
惜しむらくは『人魚の傷』が2003年版だったことか。

ものすごく小さい頃に『人魚の傷』のアニメ版を観た記憶があって、
トラウマじみた鮮烈な印象を持っていたのです。
惨殺される母親、幼い少年が無表情に行う殺戮、暗い部屋、狭い階段、優しい女性、緑色の化け物、欠けた結婚指輪…
これらのイメージが断片的に脳内にこびりついてはいるのだけど、
物心着いてから通して鑑賞したことはなかったので、今回借りてみた訳です。
ところが、どうも映像が記憶とかみ合わない。
男の子の髪の色にまず違和感を覚え、やたらテカテカした着色にも「??」
どう観たって私が小さいときに放映していた感じではない。
調べたら、私が借りてきたのは「2003年版」。観たかったのは「1991年版」。
DVDどころかビデオ化もされていないということで、仕方なくニコ動で観てしまいました。
うん、やっぱり真人の髪は茶色だ。
どちらのバージョンも見所があって面白かったです。殺戮描写は2003が上か。
全体に流れる落ち着いたトーンは、旧作の方が勝っているかな。
原作もどこかの喫茶店でぱらぱら読んだ覚えが…。
しかし、私はいったいどこでこのアニメを観たんだろう。
自宅じゃないんだ。多分。それに、91年って私3歳…。再放送か、な?

CDもがむしゃらにいっぱい借りたのですが、
衝動的にジャケ借りした『倉橋ヨエコ』さんの作品がとてもよかった。
やっぱり、女のひとの病的なまでの愛や母性は恐くもあり美しくもありで素敵。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[09/10 みわちゃん、ですよ~]
[10/14 ねぎこ]
[10/05 祐親]
[07/22 はなちゃん(ショタコン)]
[06/04 アリス]

プロフィール

HN:
ねぎこ
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1989/10/06
職業:
心機一転女子大生
趣味:
妄想、映画鑑賞、読書、同人的活動(最早 本能行動
自己紹介:
だいたいの公式カップリングにときめく人です。
理想の美少女は堀北真希さん。

長年行きたかった念願の大学に籍を移し、
この春から羽ばたく…!!ことができるのか?な?

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析