忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続・それぞれに事情がある

実は私、ちょっと前まで弁護士になりたかったのです恐れ多くも。
今でこそメディア・表現関連の進路に進もうと希望しているものの、
やっぱり法学科とか裁判とか、未だ惹かれる要素は沢山あります。

諦めた…というか、心中から遠ざかっていった理由は
まあ勿論 学力が半端なく及ばないからという切実なものもあります ケ ド!^^^
一番は、やっぱり、自分が庇い、弁護しているものが正しいか信じ切れない事かと。
裁判は真実を追究するための場です。正当な対処を与えるために。
で、そのためには検事と弁護士が不可欠であって、双方 真逆の『真実』を提示して戦う。
でも、そうして闘うためには どうしても 信じなきゃいけないじゃないですか。
自分の理論を、被告人を、真相を、自身で解釈したものを。
揺らがずに、真っ向から立ち向かうためには まず信じなくては。

それが出来ない。
そんな怖いこと、私には出来ない。

絶対に疑うし、恐ろしいし、自分のことですら確かなものを見つけられないのに
解釈が何通りもある他者の『真実』を私のものにすることは出来ないのに
ホントに本当のことなんて、当人しか解らないのに。

………それを明るみに引っ張り出すために、そういう職業があるんだろうけど。
でも、途中でまさしく『真実』が明らかになって、それが自分の主張と全く違っても
今までの立場を貫かなきゃいけない。態度を翻すことは許されない。


そんなのこわすぎるじゃないか。


それぞれの目線に立って、見えた場面がきちりと統合されとき、初めて正しさは現れるのであって
どうしても主観が入り込んでしまう私のような人間はダメなのです。
けど、主観なくして法廷には立てないのかもしれない。自我がなくちゃ。
逆説みたいだ。

だからね、あれだよ。
あんまり感情移入しちゃいけないと思うんだよなあ…些細なごたつきでも。
AさんにはAさんなりの理由が、真実がちゃんとあって
でもBさんにはBさんの、違う側面から見た真実があるんだもん。
うん?アレ…まだそれは統合されてないから真実じゃなくて事情かな………
とにかく、第三者に徹して『真実』を見極めること。
そういうことが出来る人になりたいのです。

「だってAちゃんはBちゃんが悪いって言ってたもん」

こんな幼稚な言葉で、誰かを傷つけるのは愚かだ。
自分が体験した訳でもないくせに。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

すごい…感動してしまったよ。
確かにねぎちゃんの言う通り、自分の思ったことを突き通すのは怖いよね。
自分に絶対的自信が必要だし。
でも私は十分ねぎちゃんは『自分』を持ってると思うよ。
私がうらやましいくらい。
あれ、もしかしてコメントになってないかもしれない;;
ごめんね(>_<)
乱文失礼しました!
  • 2007/10/20(Sat)01:13:45
  • 編集

Re:無題

うれしいコメント有り難う。
やっぱり怖いし、難しいことなんだよね…
意志っていうのは。

いや、私など全然です。本当に。
華ちゃんの方こそ、確立されたものを持ってると思うな
  • 2007/10/28 09:55

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[09/10 みわちゃん、ですよ~]
[10/14 ねぎこ]
[10/05 祐親]
[07/22 はなちゃん(ショタコン)]
[06/04 アリス]

プロフィール

HN:
ねぎこ
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1989/10/06
職業:
心機一転女子大生
趣味:
妄想、映画鑑賞、読書、同人的活動(最早 本能行動
自己紹介:
だいたいの公式カップリングにときめく人です。
理想の美少女は堀北真希さん。

長年行きたかった念願の大学に籍を移し、
この春から羽ばたく…!!ことができるのか?な?

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析