忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぐ・・・ぐ・・・

このところお出かけ続きで疲れました。
いや、誘っていただけるのは非常に嬉しいです。ありがたや…
明日は映画デートです。『告白』を!ついに。
観終わった後 無言になる確率99パーセントですね。

お腹にガスが溜まっているような不快感。
苦しいなあ。内から圧迫されている感じです。ぐぐう

『アインシュタインの眼』で特集していたクラゲさん。
実物は本当に綺麗ですねえ。
東野アキコさんの漫画『海月姫』でもよく「ドレスのよう」「レースみたい」と
褒め称えられるクラゲさんですが、まさにお姫様のドレスでした。ふわひら!
水族館は全身硬直を引き起こすほど苦手な空間なのだけど
クラゲコーナーだけは覗いてみたいかも…。
家族にはハナガサクラゲが人気でした。わたしは色のないほうが好みかな
にしてもクラゲの能力は凄まじい…。
知能を持って人類に立ち向かってきたら、為す術がないだろうなあ。
なんどでもよみがえるさ!

ヤン・シュヴァンクマイエルさんの『アリス』、
DVDを入手したのでさっきまで堪能しておりました。
えげつないな、色々!
食事中に観てはいけない内容でした。
不可思議なのに現実と交差している独特の世界観。
アリス役の女の子が無愛想で可愛かったです。ちょっと毒っ気があって。
画鋲のジャム漬け、くつしたみみず、蠢く肉塊、虫の缶詰。
うさぎの腹からは おがくずがこぼれ落ちていく。
アリスはやたらと刃物を手にするし、ぞんざいな手つきで物を扱う。
石をぼちゃんぼちゃん投げている場面が危うくて好きです。
幼い子ってああいうことするよね。

原作のアリスも実際のところ、気持ちのいいモチーフって少ないんですよね。
みんな話が通じないし、暴力的で、捻じれている。
そこを見事に掬い取った作品だと思いました。
ルイス・キャロルの『アリス』ではなくて、あくまでも
『ヤン・シュヴァンクマイエルのアリス』として完成されているのが凄い。

食事の前後は控えて、ぜひご覧ください。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[09/10 みわちゃん、ですよ~]
[10/14 ねぎこ]
[10/05 祐親]
[07/22 はなちゃん(ショタコン)]
[06/04 アリス]

プロフィール

HN:
ねぎこ
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1989/10/06
職業:
心機一転女子大生
趣味:
妄想、映画鑑賞、読書、同人的活動(最早 本能行動
自己紹介:
だいたいの公式カップリングにときめく人です。
理想の美少女は堀北真希さん。

長年行きたかった念願の大学に籍を移し、
この春から羽ばたく…!!ことができるのか?な?

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析