忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰です。

最近、TBSの山本匠晃アナにときめいています。
からくりTVの替え歌コーナーを担当してらっしゃる方なのですが、
計算ずくかと思いきや案外天然っぽいボケが炸裂して素敵。
イケメンだしねー。歯並びは悪いけど。
家族みんなで彼のことを絶賛しております。愛知県出身なんだね!

近頃 観た映画、
『NINE』『ラブリーボーン』
『誰かが私にキスをした』『ライアーゲームファイナル』

『NINE』はストーリーこそパッとしないものの、演出やキャストの絢爛さに酔えました。
全体的にエロスです。レイトショーで観たのは正解だったなー。
記憶のなかで登場する娼婦役のファーギーが素晴らしかった。
肉感的で野性的で獰猛な色気がありました。ドスのきいた歌声がいい。
OPとEDで、主人公であるグイドをとりまく女性陣が総出演するんですが、
それぞれの性格や彼への想い(或いは彼が抱く印象)が視線に滲み出ていて身震いしました。
こういうのはやっぱり大画面と高音質で楽しまないと迫力でないよね。
あ、因みにグイドはダメ男ですが男の色香があって憎めないです。
そして少年期の彼は可愛すぎる。ラストもなかなか良かった。
でも派手さと女性の曲線美が見所であって、繰り返し観たいとは思わないかな。

『ラブリーボーン』は、前半の面白さが後半で握りつぶされちゃった感じ。
「え、なに、そっちにいくわけ!?」みたいな展開。悪い意味で。
犯人役は流石ですね。気持ち悪かった。日常に潜んでいそうだもの。
とりあえず、こちらの期待をことごとく裏切るストーリー展開でした。
痒いところに手が届かないの。なんか。
ネタバレになるので簡単に箇条書き。
・………お、おとうさん………
・妹さんが突然スーパーウーマンに
・アンタは事件解決に協力してくれるキーパーソンだと思ってたよ^^^
・ブレスレットのモチーフは伏線でもなんでもなかったのかい
・キ、キスが優先!?
うーん、でも、思春期の女の子が憎しみから解き放たれて、
最後に望んだものがあれだったのだと考えると、納得もいく…かなあ?
天国と現世の狭間を映し出した幻想的な風景や、隠喩に富んだ不思議な映像は一見の価値ありです。
スージー、素朴な可愛さがあって和みました。

『誰かが私にキスをした』
真希ちゃんファンとしては観に行くっきゃねーだろ!と思って出陣。
うん、まあ、予告もパンフもちょっと詐欺じゃないかなコレは。
「なくした記憶のなかでフラッシュバックする、顔の見えない誰かとのキス…。
私にキスしたのは一体だれ?」
こんな感じのあおり文句だったじゃないですか。
記憶を喪う前に恋していた相手を捜し出すストーリーだと思っておったよ私は!
そんなシーン…あったっけ…?キスシーンのフラッシュバック??
人の心って複雑で面倒で強かで、それでいて繊細だよね、という映画。
ポップでアメリカらしい色彩に満ちた映像かと思いきや、
案外シンプルで、日常的な風景を切り取ったホームビデオのような質感。
真希ちゃんの英語は、評判通りとても滑らかで感心しました。
日本語部分より声が高くなっていて可愛かった。笑
躁鬱病のユウジを演じた松山さんは本当にカメレオン役者だなあと。
DMCのモヤシ…いやゴボウっぷりはどこへ…。
全体的に静かで、淡々と描かれていきます。
正直 私のように恋愛経験がほとんどない青二才では、感情移入もしにくかった。
「ながい…」とだれてしまいました。
真希ちゃんの演技は、同時期に撮っていたという「イノセントラブ」に似ている印象を受けました。
割に感情を抑えたような。
にしてもナオミは小悪魔的というかなんというか。私だったら付き合いたくないなあ。
いくえみ綾さんのコミカライズ版で予習したのが裏目に出たかなあ。
簡潔で空気感のある素敵な漫画だったので、あれだけでお腹いっぱいになっちゃったかも。
どこかで実際にありそうなお話でした。そして服がださい。個人的感想ですけども。
ナオミの父さんが一種の清涼剤となっていて、登場するたび頬が緩みました。
あ、時々アメリカナイズな過激さがのぞくよ!キスしまくりだしね。
純粋な日本作品では聞けないような、バリバリ邦訳って感じの台詞もあり。
相手のいる恋愛をしたことのあるひとなら、共感できて面白いのかな。

『ライアーゲームファイナル』
パンフレットが豪華でしたね。笑
息もつかせぬハイスピード展開とめまぐるしく変わるカット割り。
ドラマ版よりチカチカした印象でした。
面白かったです。うまいことまとめたな、と思う。
ファーストシーズンの最終回は、直ちゃんを神格化しすぎておかしな具合になっていたので
これくらいあっさりした、拍子抜けするほど単純な理由が
ライアーゲームの「核」であった方が、寧ろしっくりくる。
秋直好きにはたまらないニヤニヤシーンもいくつかありました。
どんでん返しが続くので、頭の回転が遅い私のような人だと追いかけるのが大変かもしれませんが
総じて飽きさせない工夫が凝らしてあって見応えがありました。
テレビでやってもよかったんじゃね?とは思ったけど。
基本 同じような展開が、同じような音楽に乗せて、同じようなカメラワークで映されます。
でもそれが映像版ライアーゲームだもんね。いっそカタルシス。
イントロダクションとエピローグの繋がりは微笑ましくて良かった!


久々の更新ということで、だらだら書いてみました。
個人の感想ですので、違った見方をされる方はたくさんおられるのでしょうが
これもひとつの視点と言うことでご容赦下さい。

スネオヘアーの「共犯者」にはまっているねぎでした。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[09/10 みわちゃん、ですよ~]
[10/14 ねぎこ]
[10/05 祐親]
[07/22 はなちゃん(ショタコン)]
[06/04 アリス]

プロフィール

HN:
ねぎこ
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1989/10/06
職業:
心機一転女子大生
趣味:
妄想、映画鑑賞、読書、同人的活動(最早 本能行動
自己紹介:
だいたいの公式カップリングにときめく人です。
理想の美少女は堀北真希さん。

長年行きたかった念願の大学に籍を移し、
この春から羽ばたく…!!ことができるのか?な?

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析