忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かぱぱどきあ

Q.E.D.~証明終了~のサイト様を捜していたら
自分のブログ(ここですな)が上の方に出てきて吐きそうになりますた。葱です。

あんな心臓に悪いモノだとは知らなんだ・・・。
もっとコッソリやっていきたい。この変なブログ名 変えようかしら…
ディレクトリ型の検索エンジンって、人が選出してるんでしょう?
選ばれたサイトしか一応 検出できないわけですが。
いったいどんな基準で・・・・・。気になる。
何故こんなアイタタタなブログまで。
まあ、そんなしっかり見てる訳じゃないだろうけども。

裁判員制度への興味もあって、Q.E.D.~証明終了~の27巻を購入。
何故かと言いますと、『立証責任』というお話が載っていまして。
まさしく裁判員制度をテーマとしたストーリーなんです。最新だわ。
可奈ちゃんと燈馬君が新制度を学ぶための模擬裁判に参加することになって、
実際に流れに身を投じながら有罪無罪を決定すると。
読んでいて思ったのは、『む ず か し い』ということ。
裁判自体は多少 簡略化されてるおかげもあって解りやすいですが
肝心の判決。これが本当にムズカシイ。
状況証拠、弁論、証言、証拠、黙秘権。合理的な判断を下す必要性。
可奈ちゃんも最初は「絶対コイツ犯人じゃん!」なんて息巻いていたのに
弁護やらなにやらが続くにつれて迷いをみせるように。
で、最終的には「有罪の判断理由としてこの証拠は弱い」として無罪を主張。
結果、多数決で無罪派が勝つ。

一方の燈馬君ですが、実はこの被告人が犯人であることに気づいていた。
にも関わらず、彼は無罪に手を挙げます。
その理由を裁判官に尋ねられたとき、燈馬君は

「立証責任は全て検察だけにあり、裁判員は提示された証拠のみで判断する。
 合理的疑いを越えた証明がなされない限り無罪。
 裁判の鉄則です」

と答えるんです。
いくら正しい真実を自らの推理力から導き出せたとしても、それは自分の中だけの話。
証拠にそれだけの力が備わっていなければ必然的に無罪を主張せざるを得ない。
そこのところが、本当に難しいなと。

私はどちらかといわれなくとも裁判員をやってみたい派ですが、
実際 法廷に立ったら悠長なことは言ってられないだろうなあ。
自分の心証を押し出してはいけない訳ですから。
そんなこと、一般人にできるのだろうか。下した判断に、責任を負えるか否か?
うー・・・んんん・・・・・。

とりあえず、学祭でお隣のクラスが『裁判員制度』の展示をやるとのことですので
胸ときめかせながら待ち望んでいます^^イッツ タイムリー


拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[09/10 みわちゃん、ですよ~]
[10/14 ねぎこ]
[10/05 祐親]
[07/22 はなちゃん(ショタコン)]
[06/04 アリス]

プロフィール

HN:
ねぎこ
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1989/10/06
職業:
心機一転女子大生
趣味:
妄想、映画鑑賞、読書、同人的活動(最早 本能行動
自己紹介:
だいたいの公式カップリングにときめく人です。
理想の美少女は堀北真希さん。

長年行きたかった念願の大学に籍を移し、
この春から羽ばたく…!!ことができるのか?な?

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析